スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リアルさ。

DVDで「悪魔のいけにえ」を観た。

僕がホラー映画にハマったのは80年代。
その頃はそれはもうスプラッター全盛で、シャワーみたいな血飛沫とか、人形みたいに簡単にバラける人体の描写ばっかりで、それが普通だった。こんなのばっかり観てるもんだから、ホラー映画は画面が派手なだけで、怖いと思ったことはほとんどない。面白いホラー映画の基準は、どれだけ怖いかよりどれだけエグいか、だった。
その見方が変わってきたのは、ロメロのゾンビ映画を観てからだろうか。若い頃に、前述したようなB級の汚いしょうもない映画をゲップが出るほど観て、改めてロメロの作品を見た時に感じた違和感。いつものゲロゲロホラーとは違う何かいやな感覚を、ふと感じた。

それは、襲われる側の心理だ。

それは時に気丈であり、時にどうしようもなく哀れであったりするが、しかし、襲われる側はほとんどの場合常に生き残りたい、逃げ出したいという「生への執念」にあふれている。それは、観客にとって感情移入しやすい、つまり生身の人間のリアルさが大事なのだ。そこには、強さや勇敢さと同様、弱さや気の脆さも描けていなければいけない。
それができた映画での怪物や殺人鬼は、「画面を血みどろにするだけの化け物」だけでなく「生きるために乗り越えるべき最大の敵」だ、という見方が出来る。
「化け物」はヒーローがいなければどうにもならないが、「敵」ならば、勇気をふりしぼればなんとかなるかもしれない、という希望が生まれる。
しかしストーリーはそんなに簡単に進むものではなく、色々な障害を用意して主人公を苦しめていく。そういう、襲われる側の心理と生への希望、執念がリアルに描きこまれたホラー映画こそ、真に怖い映画だと言える。

悲しいかなB級ホラーというヤツはそこらへんがスッポリ抜けていて、お化け屋敷的映画でしかなく、それしか見てない僕は分かっていなかった。それを分からせてくれたのがゾンビで、だから僕はゾンビ映画が好きなのだ。
もちろん、こういう経緯を踏まえた上で今もなおB級ホラー万歳なのは言うまでもない。それはそれでスカっとするからね。

さて、そこでこの「悪魔のいけにえ」だ。
13日の金曜日のようないわゆるスラッシャー映画だが、ドライブ中の5人の若者が立ち寄った田舎の一軒家でチェーンソーを持った殺人鬼=レザーフェイスに襲われる。ただそれだけの話だ。
正直な話、今日のスプラッター映像に慣れていれば、この映画の殺人シーンなんて「絵的」には全然たいしたことは無い。ところが、観ていて余韻が残るほど怖いのは、そのシーンがあまりにもリアルだからだ。
13日の金曜日やB級ホラー映画にありがちな、殺人シーンでの扇情的な音楽やカット割りは全く無い。アップも無い。
それは唐突にやってくる。ドキュメンタリー映像のように突然、レザーフェイスは人を殺すのだ。
荒い画像とカメラの映りのブレなどが一層に怖さを増す。
そしてクライマックスの恐怖におびえた主人公の描写は、レザーフェイスの殺しと同様のリアルさで、生への執念が痛いくらい伝わってくる。
その叫びやおびえ方…見ているこっちが「もう楽にしてやってくれ!」と思うくらい、息が詰まるような長さだ。
この演技力は、最近の日本ホラーで、とにかく絶叫してナンボみたいに考えてる役者にこれで勉強してほしいと思う。

本当に怖い映画で、なんとかネタばらしたくないのでこれ以上は書かないけれども、この映画が前述したようにそんなに見た目的に激しい残酷描写でもないのに関わらずほとんどテレビとかでやらないのもわかるような気がする。
この映画、正直言って邦題が胡散臭かったために僕は今まで観てなかったのだが、見て本当に良かった。今まで見た中で本当に怖かったホラー映画第1位になったよ。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ザ・チーズショップ
ステッカー屋さんです
tcsこm

みてみてね。


http://cheeseshop.cart.fc2.com/
チーズ屋本店
THE CHEESE SHOP 本店舗はこちらから。
みにきてきてね。
tcs

リンク先はこちらにお願いします。


http://thecheeseshop.web.fc2.com/
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近のコメント
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ

リンク
ブログ内検索
QRコード
QR
カウンター
ランキング
参加中。
にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村
facebook
ツイッター
つぶやき中。
フォローしてね。
プロフィール

masamoon

Author:masamoon

甲斐性なしの独身アラフォー。
中島みゆきをBGMに犬と兎の世話をする毎日。





チーズがないのに
THE CHEESE SHOP。

犬とウサギと人間と、
ときおり色んな雑談も。

あくまでもダラダラと、
特に目指すものもなく
そこはかとなくお送りします。
よろしくどうぞ。


キューブそしてアリス
Amazonサーチ
Amazon
Amazonペット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。