花と骨。

公園。


今日は、長居公園にやってきたよ。

昨日は海で過ごしたので、今日は花を眺めてみようと思った。恋に悩む時にこういうことするとなにか違った安らぎを覚えるのかしら、と、花とかに興味はあんまりないんだけれど、いつもやらないことをやってみたかったのだ。

お花。


植物園に入ると、さすがに、こういう景色に感心させられる。

風も吹いているので、花や土の匂いが漂ってきて、確かに気持ちいいね。園内のベンチにはたくさんの人たちが写真を撮ったり歓談したり、あるいはボーっとしていて、とても和やかだ。
ウチの近所にも大きい公園がある。公園でのんびりするのも悪くないな、と、思った。せっかくだからこれからはそっちの公園でのんびりしてみるか。

今日は平日なので、小学生の遠足の一団と一緒になった。みんなは、どうやら園内に併設の自然史博物館に行ってきたらしい。

自然史博物館か~。

思えば、僕が生まれて初めて恐竜の化石を見たのがここだった。父親に連れられてきて、すごく興奮したのを覚えている。今日帰って話したら、父親の方はあんまり印象なかったらしいけど。まあ、大人だからね。

そんなことを考えているうち、化石を無性に見てみたくなった。

久しぶりに博物館に入った僕は、他の展示はほとんど素通りして化石のコーナーへ。

マンモスとナウマン。


おお~、マンモスとナウマンゾウだ!
マンモスというと、僕はいつも知る人ぞ知る最低映画「北京原人」を思い出す。一言で言うなら、見てるこっちが恥ずかしくなるような映画だった。万里の長城でウパーと叫ぶ本田博太郎と、日本のCG技術を駆使したと謳われたギクシャクしたマンモスは一生忘れられない。まあ、どうでもいい話だな。

アロサウルス。


アロサウルスもいた。本当はTレックスより獰猛だったと言われている。Tレックスは大きすぎて動きが遅かった、という説があり、アロサウルスは体が小さい分、映画の『ジュラシックパーク』のTレックス並にすばやく動けたのだろうか。なんにせよ、ここにアロがいるとは思わなかった。

ステゴサウルス。


そして、ステゴサウルス!!

僕が初めて見た恐竜の化石。その印象が強くて、ずっと好きな恐竜だ。
剣竜類で一番有名なステゴは、その背中のヒレが特徴だが、もうひとつ有名な話として「脳みそがものすごく小さい」というのがある。体長6mに対して脳みそはクルミ一個分くらいだった。一応、腰の辺りに第2の脳と呼ばれる太い神経器官があったらしいが、世間では頭が悪いように言われている。
しかし進化の過程上ステゴサウルスとしては生活に支障のない脳の容量がこれだったわけで、別にこれで幸せだったと思うよ。
ゆっくりと草をむしりながら、牛みたいにのんびり暮らしてたんだろうな。アロサウルスみたいなのに狙われなければ、おだやか~に、ゆっくりと一生を過ごしていたんだろうね。

もし、自分がジュラシックパークみたいなのに行けて、恐竜に会うとしたら絶対ステゴサウルスだな。で、横に座って、僕の悩みとか聞いててもらいたい。その間、彼は僕のことなど全く無視して草を食ってるんだ。それでもいいよ。ステゴサウルスなら一緒にボーっと時間を過ごせるだけで癒される。幸せだろうなあ。

というわけで、結局は花じゃなくステゴサウルスに安らぎを覚えてしまったのでありました。

じゃあ、最後にもう一回。ステゴサウルス~。

ステゴサウルス~。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近のコメント
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ

リンク
ブログ内検索
QRコード
QR
カウンター
ランキング
参加中。
にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村
facebook
ツイッター
つぶやき中。
フォローしてね。
プロフィール

masamoon

Author:masamoon

甲斐性なしの独身中年。
中島みゆきをBGMに犬の世話をする毎日。





チーズがないのに
THE CHEESE SHOP。

犬と人間と、
ときおり色んな雑談も。

あくまでもダラダラと、
特に目指すものもなく
そこはかとなくお送りします。
よろしくどうぞ。


キューブ
Amazonサーチ
Amazon
Amazonペット