スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢日記 - セアカゴケグモ。

僕が自分の見た夢に関心を持ったのは、この夢からだ。
前にも書いたことがあったが、友達の前でうなされて暴れて、皆をビックリさせた夢。いや、楽しませてしまった夢。僕としては怖くて楽しくもなんともなかったんだが。

夢日記をつづる上で避けられないこの夢の話を書こうと思う。

とは言えあまり面白い話でもないのだけれど。
僕は友達数人と徹夜で遊んでいるうち、眠くなって一人寝てしまっていた…そして夢を見る。

僕は誰か知り合いと3人で田んぼのあぜ道を歩いている。
右手には田んぼ、左手には林が広がっている。
映像はセピア色で他に色がない。

てくてくと歩いていると、突然、林に通じる道の向こうから知り合いが一人叫びながら駆けてくる。
「セアカゴケグモだ~!」
セアカゴケグモとは、当時世間をにぎわせていた毒グモのことだが、本当の体長は1cmあるかないか、らしい。

とにかく、彼は僕らの横を抜けて逃げていった。
その姿を見送った後、もう一度前を振り向くとそこには。

巨大な、セアカゴケグモ。牛鬼大の。

牛鬼をご存知だろうか。
ゲゲゲの鬼太郎で有名な水木しげる氏の妖怪百科とかに必ず出てくる、妖怪としては割りとメジャーな奴だ。
姿は頭は鬼、体はクモのようで、大きさはその名のとおり牛ほどもあるという。
セアカゴケグモを見たとき、僕はなぜだか牛鬼のようだ、と思ったのだった。

叫び声をあげて迫るセアカゴケグモ。逃げる連れたち。
そこで僕は、なぜだか前へと走り出していた。
死にそうに怖いのに、両手を広げて。うわ~とか言いながら。
当然距離は縮まって、セアカゴケグモは覆いかぶさるように飛び掛ってくる。
怖くてたまらず、手足をばたつかせながら必死にもがいた…

そこで目が覚めるのだが、僕が目を開けると友達が皆で覗き込んでいる。
「おい、どないしてん!?」
「セアカゴケグモが…牛鬼大の…」
そう言われた時、友達はどう思ったのか。
セアカゴケグモ?牛鬼大?牛鬼?
そしてこう思ったらしい。
大きなクモに襲われた夢を見たのはわかる。
でも、牛鬼大て。大きさを例えるのに他にもあったろうに。
微妙な笑いと、寝ぼけた僕。
怖かったのは僕だけで、皆にはオモシロ体験として記憶に残ったようだ。
それはそれでおいしいかなと思うけど。でも、怖かった。

そしてその後も僕のうなされライフは続くのであった。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近のコメント
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ

リンク
ブログ内検索
QRコード
QR
カウンター
ランキング
参加中。
にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村
facebook
ツイッター
つぶやき中。
フォローしてね。
プロフィール

masamoon

Author:masamoon

甲斐性なしの独身中年。
中島みゆきをBGMに犬の世話をする毎日。





チーズがないのに
THE CHEESE SHOP。

犬と人間と、
ときおり色んな雑談も。

あくまでもダラダラと、
特に目指すものもなく
そこはかとなくお送りします。
よろしくどうぞ。


キューブ
Amazonサーチ
Amazon
Amazonペット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。