スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SAWがファイナル。

キューブ。

「どうもどうも、キューブです。この耳毛どうかな?」

…いや、あんた今回出番無いから。


昨夜は久しぶりに映画館へ行って、『SAW ザ・ファイナル 3D』観てきました。
映画館で観るのって、『天使と悪魔』以来のような気がします。

SAW。

これこのように僕はSAWのファンでして…と言いながら4~6を観たのはついこの前ですが(^^;
前にも書きましたが1~6まで、9時間ぶっ通しで観て予習&復習していきましたよ。あの時は疲れたあ。

SAWって話、軽く説明しますと…
ジグソウっていう殺人者が、死のゲームを仕掛けるという話です…って軽すぎか(笑)
殺人者って書きましたが、ホントは誰一人手をかけたわけではないのですよ。
というのも、死のゲームに参加させられた人は、自分の意思で生きるか死ぬかを選ばされるようになっているわけです。その、生き残るための条件というのが自分で体を傷つけたり(←これ、だいぶソフトに表現してますよ~)、誰かを代わりに犠牲にしたり…まあ究極の選択ですね。
決め台詞もこう言ってます。

『Make your choice(選択は君次第だ)』

だから、彼自身は手をかけてないわけです。
ゲームを仕掛けられるのは主に、人生をちゃんと生きずに悪いことに手を染めてる人たちで、それはすなわち見るからに悪い人だけではなくて、利益のためにヒトの人生を踏み台にする人とか他人の信頼を利用するような一般人も含まれます。
そういう人たちに究極の選択をさせることで生きていることへの感謝を見出させ、今までの人生をやり直すチャンスを与えよう、っていうのがジグソウの理念なんですね。

シリーズの展開はジグソウの誕生にまつわる過去とか、後継者とか、色んな要素が毎作品出てきて、結局1~6まで通しての長編ドラマになってます。
ここ、大事ですよね。SAWみたいに映像的に派手な演出が多い(←これ、だいぶオブラートにつつんでますよ~)映画って、その派手な部分だけ引っ張って、ストーリーはどうでもよくなってきがちじゃないですか。スリラーとかホラーの続編は特に。13金なんかごらんなさい。ニューヨーク行ったりなぞの寄生生物が出てきたりしまいには宇宙に行くってどこまで風呂敷広げとるんや(笑)
とにかくSAWは、まあ明らかに1作目の成功があって2作目以降のストーリーを後付けしていったんだろうけど、それでもまだ辻褄あわせはしっかりしてると思います。

6作目終了の時点でまだ謎が残ってた部分があったので、今回3D、期待して見に行きました。
なにしろファイナル、これで終わりというふれこみだったからね。

え~と、内容については…ネタばれはしたくないので書かないでおこうと思うんですが、しかしそうするとほとんど書けない( ̄□ ̄;)!!

まあ感想としては「まあまあ」でした、残念ながら。予告編で「最後にゲームオーバーと言うのは誰か」みたいなこと言ってたけどわりと簡単に予想できてしまったし…ストーリー展開がバタバタしててちょっと落ち着かない感じでした。聞くところによると今回のはSAW7・SAW8という2本分のシナリオを統合したものらしく…慌ただしい展開はそのせいかもしれんです。
SAW全体のストーリーの締めとしてはよかったんじゃないでしょうか。一応、今まで残してきた謎は決着しますよ。

映像的に派手な演出(オブラートにつつんでます(笑))は良かったと思います。それにしても、作品を重ねるごとにゲームの規模がスケールアップしてますなあ。今回は大掛かりすぎてちょっと笑ってしまいました(^^;
個人的には身悶えるようなシーンは無かったので残念。一番辛かったのはSAW5ですね。思い出しても痛たたたってなります(笑)

あ、あと3Dね。

僕にとっては初めての3D映画体験だったんですけど…なんか別に要らなかったですね3D(笑)
あんまり飛んでこなかったし色んな物が。ただ奥行きがあるなあと思っただけで。
この点もったいなかったです。たぶん、ホントにスゴイ3D映画ってあるんだろうけど、SAWだけ観たらガッカリですよ。
この点は消化不良でした。もっともっと、アレやコレがこっちに飛んでこいよ!って思いました(笑)

色々書いたけど…SAWをずっと観てきた人にはいいんじゃないでしょうかね。
初めてこれだけ観るって人もいなさそうだけど…
そんな映画でしたSAW。

キューブ。

「はい、Make your choice! どれで遊ぶ?ねえ」

どうしても出てきたいのなキューブさん(笑)


参加中。
にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

迫真のクチビル。

どうも。
散歩中、キューブのウンチをあわてて拾おうとして親指を突っ込んでしまったmasamoonです。
指を洗うためにわざわざ自販機で水まで買ってね~(^-^;

寝てる。

さて、昨日のキューブさん。前の姫路行きの疲れがやっぱりあったのか、眠りがちでしたが。
僕のベッドで一緒に寝てました。初めてなんでビックリ&嬉しい感じ。
…と思ったのも最初の5分くらい。

アッツいよ、キューブ!(笑)こっちは寝汗かいたわ(^-^;

しかし、正直、横で添い寝してくれてたら可愛くてしょうがない。
いいですよ。あなたいいですよ。

さて、そんなこんなで(?)キューブさんと僕はこうして寝ながら映画を見てました。
いわゆるカウチポテトですかね。違う?

最近eo光に変えて、BSパススルーで僕の部屋でもBSが観れるようになってから、wowwowとかの視聴したり、世界のドキュメンタリーばっか観てます。

今日はアンジェリーナ・ジョリー主演の映画『チェンジリング』を観ました。
本来は有料チャンネルなんだけど、今は無料お試し中なので観れることは観れるんですが、ずっと金払ってね的なテロップが出てて邪魔だ(^-^;まあ、無料なので我慢しよう。

この映画、なかなか良かったですよ。僕はこの映画、なんかサイコホラーっぽいのだとばっかり思ってたんだけど、全然違いました。
ワリと社会派サスペンスで、どうも実話が元らしいですね。
子供が誘拐されたことがきっかけで、警察の怠慢と腐敗を知ってそれに法の力で立ち向かい、さらに子供を探し続ける親の苦悩なんかをアンジェリーナが上手く演じておりましたよ。アクションとクチビルだけが売りじゃないとこ見せましたね(笑)
にしても、昔のアメリカの警察ってホンマにこんな悪いことしてたんかなって思うと、ちょっと怖いです。
監督はクリント・イーストウッド。
さすが、元ダーティ・ハリー。警察の腐敗に立ち向かうのはお手のもんですね。泣けるぜ。

みなさんも是非ご覧ください。よいですよこれ。

寝てる。

…って、今回キューブさん関係無い話でしたね。失礼m(__)m


参加中。
にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

アリでした。

なんだか最近本当に落ち着かない。
人間関係や職場のこと、はっきり言って僕にとって一番苦手でどうでもいいことで悩まされている。でも見過ごすわけにはいかないしなあ。
本当、今年は悩み多き一年ですよ。
まだ進行形ですよ。
過去形には出来ませんよ。

はあ。


まあこんなときは映画でも観て気持ち切り替えるか、というわけで買ってきた。

「大日本人」。


リメイク万歳。

今日もハルシオンの眠気に挑戦中。不眠症でおなじみmasamoonです。

ところで最近、映画のリメイクとか続編がたくさんだ。
ハリウッドがリメイク・続編を作る理由はひとつ。前作のファンの集客と話題性のためだ。なんにしろ、不純、というか安い魂胆だ。

ロッキー・ザ・ファイナル、ダイハード4.0、地球最後の男などなど…
前作が好きな人は大抵、コレらを観て「やっぱり昔の方が面白かったな」と不完全燃焼で映画館を後にする。でも、感想がどうであれ、すでに入場料は支払われ、興行収入として映画館、映画会社に利益をもたらす。
ハリウッドにとって映画は商品だ。当たるかどうか分からない純新作を出すより、ある程度の利益を取れることが予想される続編、リメイクを出す方がイイに決まっている。

これって、映画を好きな人に大変迷惑な話だと思う…

と、思っていた。だがしかし、それも違うような気がしてきた。
それも、DVDの普及が原因だ。

必ずといっていいほど、そういう映画が公開される前には元になった作品のDVDが発売になる。僕が狙うのは、そこだ。

DVDの売り文句は、「最新作公開前にコレを見て予習!」とか言ってるが、それは実は違っていて、本当は「そんな変なリメイクとか続編より、元々の、思いでいっぱい詰まったあの作品が見たいんだって!」という層を狙っているのだ。

確かにハリウッドのやり方で、そこに僕らは乗せられているわけだが、それでも構わない。
トム・クルーズの宇宙戦争が無ければ、元の作品の、SF映画の金字塔と呼ばれたあの古いバージョンは観れなかったし、悪魔のいけにえだってそうだ。

今度はB級ホラーの名作「ヘルレイザー」「ハロウィン」が製作されるそうだ。
もちろん僕が狙うのは、そんなCGとかで安く仕上がったイマドキリメイクの方ではなく、それに乗って発売されるだろう元のバージョンのDVD化。

さあ、どんどんこい、リメイク!ハリウッド!僕はDVD代で貢献してやるぞ。

リアルさ。

DVDで「悪魔のいけにえ」を観た。

僕がホラー映画にハマったのは80年代。
その頃はそれはもうスプラッター全盛で、シャワーみたいな血飛沫とか、人形みたいに簡単にバラける人体の描写ばっかりで、それが普通だった。こんなのばっかり観てるもんだから、ホラー映画は画面が派手なだけで、怖いと思ったことはほとんどない。面白いホラー映画の基準は、どれだけ怖いかよりどれだけエグいか、だった。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近のコメント
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ

リンク
ブログ内検索
QRコード
QR
カウンター
ランキング
参加中。
にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村
facebook
ツイッター
つぶやき中。
フォローしてね。
プロフィール

masamoon

Author:masamoon

甲斐性なしの独身中年。
中島みゆきをBGMに犬の世話をする毎日。





チーズがないのに
THE CHEESE SHOP。

犬と人間と、
ときおり色んな雑談も。

あくまでもダラダラと、
特に目指すものもなく
そこはかとなくお送りします。
よろしくどうぞ。


キューブ
Amazonサーチ
Amazon
Amazonペット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。